君津市の外壁塗装業「おすすめ塗料&業者」ファイル » 最低限頭に入れておきたい外壁塗装の塗料の知識

最低限頭に入れておきたい外壁塗装の塗料の知識

外壁塗装に使われる塗料には、さまざまな種類があります。

このカテゴリーでは、そんな塗料について、外壁塗装をする前にぜひ知っておきたい役に立つ知識を、3つのポイントに分けて紹介してみました。これから外壁塗装を考えている方にとってはとても参考になる内容なので、ぜひチェックしてくださいね!

まずこのトップページでは、3つのポイントそれぞれについて、内容を簡単にまとめてみました。「もっと詳しく知りたい!」という方は、ぜひ各ページをご覧ください。

外壁塗装を安く済ませるための塗料とは?

外壁塗装の塗料には、アクリル塗料やウレタン塗料、シリコン塗料、ラジカル塗料、フッ素塗料、無機塗料とさまざまな種類があります。それぞれに特徴がありますが、価格的なところで言うと、基本的に耐用年数(耐久性)が高いものほど1㎡あたりの単価も高くなります。しかし、単価だけを見て単純に安いものを選んでしまうと、塗り替え費用がかかって結果的にお得ではなくなってしまう…というケースが多いので、塗料を選ぶ際はぜひ単価が高くても“耐久性の優れたもの”を選びましょう。コストパフォーマンスで選ぶことが重要です!

安く済ませるための最適な塗料を知りたい方はコチラ

油性と水性どっちが良い?

外壁塗装の塗料は、大きく「油性塗料(溶剤塗料)」と「水性塗料」に分けられます。それぞれにメリット・デメリットがありますが、最近主流となっているのは水性塗料です。シンナーを使用していない、人体や環境にやさしいものを使いたいという時代のニーズに合わせて、各メーカーが開発に力を入れているからです。現在は、油性に勝るとも劣らない耐用年数の塗料が多く登場しています!

油性と水性の違いを詳しく知りたい方はコチラ

外壁塗装の業者選びで重要な「3つの工程」

外壁塗装の基本は“3度塗り”です。この塗り回数は耐久性にも大きく影響する重要なポイントなので、塗装業者を選ぶ際には、しっかりと3度塗りを行なってくれるところを選びましょう。見積もりに記載されていない場合は要注意です!

3度塗りってそんなに重要なの?と疑問の方はコチラ!