君津市の外壁塗装業「おすすめ塗料&業者」ファイル » 最低限頭に入れておきたい外壁塗装の塗料の知識 » 外壁塗装の業者選びで重要な「3つの工程」

外壁塗装の業者選びで重要な「3つの工程」

ここでは、外壁塗装の業者を選ぶうえで重要となる要素のひとつ、「3度塗り」について紹介しています。

なぜ「3度塗り」が重要なのか?というのを分かりやすく解説しているので、ぜひチェックしてくださいね!

しっかり3度塗りしてくれる業者を選ぶべき!

外壁塗装の業者を選ぶうえで大切な要素の1つとなるのが、「3度塗り」をしっかりと行なってくれるかどうかです。塗料の塗り回数というのはとても重要なポイントであり、耐久性にも大きく左右します。

基本的にはどこの業者でも3度塗り(下塗り・中塗り・上塗り)を行なってくれると思いますが、なかには2度塗りで済ませてしまう手抜き工事のケースもあるので注意が必要です。2度塗りでは、耐久性に問題が生じてしまいます。

塗り回数にかんしては見積書で確認できるはずなので、まずはしっかりとチェックしましょう。もし見積書に塗り回数の記載がない場合は、要注意。キケンな業者かもしれません。

また、見積書が他の業者に比べて明らかに安い…といった場合も注意が必要。塗料のグレードだけでなく、塗り回数が足りていない可能性もあります。しっかりチェックしてくださいね。

ちなみに、見積書の価格が安いというだけでは塗り回数の判断は難しいので、見積書の項目・内容はすべてしっかりと確認したいところ。安くないお金を払って外壁塗装をしてもらうのですから、見積もりの内容はちゃんと理解しておきましょうね!

なかでも「下塗り」の工程が最も重要!

3度塗りの工程は、「下塗り」「中塗り」「上塗り」となりますが、とくに大事なのは「下塗り」。

下塗りは接着剤の役割を持っており、塗膜を強固に基部へ密着させてくれます。また、吸い込み止め(仕上がりのムラ防止)の役割をするほか、旧塗料の色が新塗料の発色を邪魔しないようにする役割もあります。耐用年数通りの塗装を実現するうえでも、下塗りは重要な工程なのです。

君津市で外壁塗装を検討している人へ「おすすめ塗料&業者ファイル」