君津市の外壁塗装業「おすすめ塗料&業者」ファイル » 君津市の外壁塗装業者が扱う主要塗料の特徴 » 耐用年数とトータルコストが圧倒的な「無機塗料」

耐用年数とトータルコストが圧倒的な「無機塗料」

ここでは、無機塗料についてくわしく紹介しています。メリット・デメリットや単価、耐用年数などをまとめているのでぜひチェック!

無機塗料の特徴&メリット・デメリット

塗料の中でもっとも耐久年数が長いのが、無機塗料です。単価が高いため使用されるケースはまだ少ないですが、今後より一層の注目を集めると予想されます。原料に無機物(石やガラス、レンガといった炭素を含まない物質)を配合しているのが特徴で、無機物は紫外線による劣化がないため、半永久的に耐久します。この無機物の強みを活かしつつ、合成樹脂などの有機物を混ぜて作っているのが無機塗料です。また、カビや藻が発生しにくく、セルフクリーニング(親水性が高く、汚れを浮かび上がらせて雨水で洗い流す)の性質を持っているのも見逃せません。

どんなニーズをもつ人に合っている?

  • とにかく耐久性を重視したい
  • 長い目で見て安く済ませたい

無機塗料1㎡あたりの単価と耐用年数

  • 【1㎡あたりの単価】4,500~5,500円(※3回塗りの合計)
  • 【耐用年数】20~25年(アクリル:5年、ウレタン:7年、シリコン:10年、ラジカル:12年、フッ素:15年)

無機塗料のメリット

  • 耐久性がずば抜けて高い
  • 汚れにくい
  • セルフクリーニング機能がある
  • 藻やカビが発生しにくい
  • 塗り替えの回数が少ない

無機塗料のデメリット

  • 単価が高い
  • 施工方法次第ではひび割れの可能性も

注目の無機塗料と取り扱い業者一覧

注目すべき無機塗料と取り扱い業者を紹介します。

タテイルフロン

期待耐用年数が25年にも及ぶ、フッ素ハイブリッド形の水性塗料です。紫外線による劣化に滅法強く、雨水が汚染物質を洗い流すハイドロクリーニング効果で超低汚染性を実現しているのもポイント。それ以上に特筆すべきは、無機と有機のハイブリッド技術により柔軟性を向上させているという点です。これにより、無機の弱点だった「割れやすさ」を克服しています。難燃性・防藻・防カビ性といった性質も備えているスペシャルな塗料と言えるでしょう。

無機1

引用元:シマテック公式
(http://www.simatech.jp/case/2185/)

無機2

引用元:シマテック公式
(http://www.simatech.jp/case/2185/)

シマテック

シマテック

引用元:シマテック (http://www.simatech.jp/)

シマテックの施工事例をCHECK! シマテックに電話で聞く

タテイルアルファ

紫外線劣化に強い物質「オルガノポリシロキサン」を含み、柔軟性にも優れた弱溶剤(油性)の塗料。タテイルフロンと同様にハイドロクリーニング効果を有するうえに粘着性も極めて高いため、長期に渡って美しい仕上がりが実現します。外壁の劣化スピードが上がる沿岸地域にお住まいの方も安心できる、ハイブリッド塗料です。

タテイルフロン取扱い業者=シマテック(パートナー施工店)

シマテック

引用元:シマテック(http://www.simatech.jp/)

シマテックの施工事例をCHECK! シマテックに電話で聞く